鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

ミモレット


チーズの中でも人気のあるミモレット
こちらの写真も参考に。
ウイスキーなどハードリカーにも負けないコクと、からすみにも似た味で人気が衰えません。


原料は牛乳なのですがアナトー色素を使っているので色はオレンジ色。
大きさは20cmほどの上下がつぶれたボール状。表面はクレーターのような穴が開いて、粉を吹いている。
種別はセミハードチーズ、またはハードチーズに分類されます。



ミモレットは面白いことに、チーズダニが住み着いており、ダニの力で熟成するチーズです。
外皮の穴はダニが食べることで作られるそうです。
熟成3ヶ月(ジュンヌ)〜6ヶ月(デミ・ヴィエイユ)のものは、セミハードタイプのチーズで、角切りにしてサラダなどに使われたり、薄切りにしてサンドウィッチに挟んだりします。
12ヶ月熟成したものはヴィエイユ(Vieille / 老成)、18ヶ月24ヶ月はエクストラ・ヴィエイユ(Extra Vieille / 特古)と呼ばれカチカチに硬くなり、切るというよりも割るといった感じになります。
通常、外皮の箇所は不味であるため取り除かれ、オレンジ色の箇所だけを食べます。
チーズダニの生息する箇所を口にしても人体に害はありません。しかし、味が無くザラザラして美味しくありません。
原産地はフランス北部フランドル地方ですが、製法がエダムチーズと同じことからオランダ原産とする説もあります。



温度管理を失敗しダニが死滅したものや外皮を取り除いたもの、切り分けてパッケージしたものは熟成度が止まってしまう。
そのようなミモレットは、保存しても熟成期間に数えることはしません。


ミモレットの食べ方

特古ミモレットをチビリチビリかじりながら飲むお酒は絶品です。
あまり切れない包丁ですと特古ミモレットの場合ボロボロ割れますので、よく切れる包丁で薄くスライスします。
オフホワイトでなく純白の皿に並べ、ミントなど飾ると色合いが非常に美しい。
一番人気は18ヶ月熟成です。