鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

グレンガイル蒸留所 - GLENGYLE Distillery

グレンガイルの創業は 1872年で、ミッチェル家のウイリアム・ミッチェルが羊のことで兄弟ともめ、袂を分かち自身の蒸留所を建てたのが始まりという。
しかし、生産していたのは 1925年まででその年に閉鎖、残っていた樽のストックはすべてオークションで売られてしまった。
その後、建物はキャンベルタウンのライフル協会にリースされ射撃場として使われたり、 1970年以降はキンタイア農業組合の倉庫兼ショップとして利用されたりした。
2000年、グレンガイルの 75年ぶりの復活を決めたのはヘドレー・ライト氏。
彼は、スプリングバンクの現経営者で、グレンガイルを創業したウイリアム・ミッチェルの 3代目の甥に当たる人物。
キャンベルタウンに新しい蒸溜所が建設されたのは実に 125年ぶり。



麦芽粉砕機はクライゲラキ、ポットスチルはベン・ウィヴィスの中古で、それ以外は新品。
ベン・ウィヴィスはインバーゴードン・グレーン蒸留所内にあった小さなモルト蒸留所で 1977年に閉鎖になっている。
初溜と再溜が同じ大きさなのが特徴的。



2004年3月にポットスチルからニュースピリッツが流れ出た。
フェノール値は約 8ppm。
プリングバンクでフロアモルティングされた麦芽と、スプリングバンクと同じクロスヒル湖の水を使用し、2回蒸溜でつくらる。
最初の蒸留からすでに 5年が経ち、今年の 7月10日に “キルケラン” という商品名で、ファーストリリースが行われたばかり。
by Bar BILBAO


グレンガイル 引用文献