鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

ピアレス マッカラン 1990 18年

4月は面白い商品が数本入ってきました。
その中の “ダンカンテイラー ピアレスコレクション” で “マッカラン 18年” と “キャパドニック 36年”。
この2本を、5月のシングルモルトとします。



ピアレスコレクションマッカラン 1990 18年今回入荷したマッカランは、18年の割には長期熟成に勝るとも劣らない、マッカランの底力を感じる秀作で圧巻です。
アレスコレクションのこのマッカラン18年は、当然ですがカスクストレングスでアルコール度数が 54.1%と口当たりは強さを感じます。
しかし、少し時をおくとオレンジ, バニラ, ヘーゼルナッツなどの香りが口いっぱいに広がります。
余韻は驚くほど長く、飲み終わった後もキャラメルをなめているような余韻がずっと続きます。
ハッキリと4段階にも渡り違う香味を感じ取ることができます。
世界限定240本。
ワンショット 1,300円でいかがでしょう。
このセールは、フルボトル1本限定で、売り切れるか5月末日までとします。



一方、キャパドニック36年は、世界限定193本。
正直な感想を言うと、キャパドニックよりマッカランのほうがダイナミックな印象です。
36年熟成なのにアルコール度数が 54.4%もありますが、キャパドニックは線が細いので、そのまま飲むとアルコールをまともに感じます。
トワイスアップがお勧めでしょうか。
キャパドニック36年は、マッカラン18年 と同時に注文すると同じ1,300円。
こちらも売り切れるか5月末日までです。
長期熟成が1300円で飲める機会はあまり見かけません。
by Bar BILBAO


ピアレス マッカラン 1990 18年 - インポーター資料

特徴である華やかさ、バランス、旨みをしっかりと備えた極上のスペイサイドモルトです。
香りはキャラメルソースをかけたバニラアイスのフルーツ添えで、味はクリーミー
程よいウッディさとアーモンド、オレンジがバランス良くコクがあります。
アフターディナーにぴったりの1本です。


ピアレス キャパドニック 1972 36年 - インポーター資料

入門者にこそおすすめしたい1本。
これを飲めば生涯モルトファンになること請け合いの長熟モルトです。
香りは独特のマンゴーなどの南国フルーツにシナモンのスパイスがアクセントになっております。
味はペアドロップ、マーマレードにはじまり、徐々にグレープフルーツが出てきます。
36年熟成でもしっかりとした度数があり、飲み応えも十分です。


にほんブログ村 酒ブログへ