鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

グレングラッソ ザ・ファーストカスク

GLENGLASSAUGH The Fast Cask

1986年11月に操業を停止したグレングラッソ蒸留所。
しかし、2008年2月オランダのスカント・グループ社がエドリントン・グループ社から同蒸留所を買収、同年の12月には操業を再開されたのです。
2011/12/16に創業年ビンテージが熟成3年を迎えました。
数あるビンテージ樽の中でも1番樽がその日に限定販売され、昨日スコットランドから届きました。カスクストレングス、ノンチル、限定数650本。
その名は“ザ・ファーストカスク”。
1番樽を販売するとは太っ腹ですね。



この“ザ・ファーストカスク”、面白いのがリフィルシェリー樽で2年、その後2つのシェリー樽に詰め替えられ9か月を過ごしました。
1つはペドロヒメネスのファーストフィル、もう1つはパロ・コルタドのファーストフィル。
いずれもホグスヘッド。
9か月後の2011年9月16日には、どちらも再び元のバットに戻され3か月マリッジされたそうです。
パロ・コルタドは聞きなれませんが、オロロソの豊かさとアモンティリャードの切れのよさを合わせもつ。
オロロソと同種の酸化熟成系のシェリーですが、人為的に造ることができない偶然の産物でその確率は1〜2%程度だそうです。
その貴重でユニークな樽を熟成に使用しています。



早速味見。
グレングラッソはライトなイメージでしたが、3年熟成の59.1度とは思えない落ち着きと貫禄です。
オレンジやチェリーなどのシロップ漬け、グレープの香りも豊潤で、さらにはクルミクリーミーさと若干のオイリーさ・・・3年でこれだけリッチという少し強引っぽさが、若いアボガドのようなかすかなの渋味に表れています。
ワンショット価格2300円と少し値が張りますが、いかがでしょう。
by Bar BILBAO


洋酒ブログランキングはこちら