鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

アスタ・モリス × 秩父蒸留所 2010/2016 5年

Asta Morris CHICHIBU DISTILLERY 2010 5yearold

アスタモリスの初ジャパニーズウイスキーはなんとイチローズモルト。
“アスタモリス・秩父2010”、定価は税込み16000円程度ですが結構高めの案内。
でも、買っちゃいました。
ラベル右下、アスタモリスのカエルがヒョッコリ顔を出してます。
Asta Morris CHICHIBU DISTILLERY 2010 5yearold,
Virgin Hogshead 1st fill, Cask No.702, 52.3%
Distilled 2010, Bottled 2016,
380本限定



2016年秩父ウイスキー祭りで特に評価が高かった“アスタモリス・秩父2010”、入手は絶対に無理だわ〜・・・と忘れていたらひょんな所で売ってました。
アスタモリス・秩父2010、ガイアフローと各酒販店は4月21日一斉発売のはずですが、まず検索に引っかかりません。
オンライン販売してくれる酒販店はないということです。
新樽イチローズモルトは、BarBILBAOでは2回目。
1度目は“イチローズモルト ニューボーン・ヘビリーピーテッド 高島屋オリジナル”で新樽初体験でしたが、まぁ、そのパフォーマンスに驚かされることと言ったら・・・。
ヤフオクでは高騰しすぎのような・・・と思えるジャパニーズウイスキーも、イチローズモルトはそれだけ出しても欲しいという気持ちはわかる。
アスタモリス・秩父2010、5年経ちピートの誤魔化し無しで来ましたよ♪
まだ抜栓してません。
飲みたいけどね〜・・・1〜2杯売れて在庫というのはスゴく嫌なので、問い合わせがいっぱいあるといいね。
by Bar BILBAO


アスタモリス・秩父2010、バート氏テイスティングコメント

香り:バニラとシトラスをたっぷりと感じ、エレガントなオークも香る。私が初めて日本を訪れた時のことを思い起こさせるような、愛しい気持ちが蘇る香り。
味わい:パワフルでクリーミー、エレガントなオークが何層にもなって感じられ、オレンジと優しいバニラの味わい。
余韻:日本の繊細な技術を感じるような丸みを感じ、長く続いていく。


洋酒ブログランキングはこちら