鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

ウィスクイー・Theオーシャンズ, ラフロイグ 1997 18年

Whisk-e TheOcean's, LAPHROAIG 1997 18yearold

オーシャンズはブログ初♪
ウィスクイー・オーシャンズに限らず、日本オリジナルは情報が遅れます。
評価が耳に入るころは当然売り切れ。
海外向けが日本に入ってくる場合、入ってくるまでに海外サイトで情報が集まりますもんね。でも今回は行けますかね。
Whisk-e TheOcean's, LAPHROAIG 1997 18yearold,
Bourbon Barrel, 51.3%
Distilled 1997, Bottled 2015,
Cask No.62, 245本限定


巷で好評価を連発しているBBRと3Rのラフロイグ1997は、樽番号から同じベンダーかな?
今回オーシャンズラフロイグ1997もBBRコラボで樽番号#62とくれば、一連の仕掛け人はBBR社ダグラス・マクアイヴァー氏・・・かな。
全国のウイスキーフリークは知ってんだよね。
ただでさえ人気のラフロイグ、さらに注目ヴィンテージとくれば売り切れスピードが全然違う。
Googleサジェストが出てるという訳で、ダイナソーラフロイグ1997とオーシャンズラフロイグ1997はビッグヴィンテージ入り。
価格は急騰したが、ラフロイグ90年代は今後ますます入手が難しくなるといわれています。
90年代で高スコア確実、モルトフリークが狙うモルトウイスキーは拾っとくのが正解。
鹿児島ウイスキーフリークの皆様、しかし、期待が膨らんでもスカということはよくありますので口にするまでは油断禁物。
by Bar BILBAO


オーシャンズラフロイグ、ウィスク・イー テイスティングコメント

ウィスク・イーのオリジナルシリーズ“オーシャンズ”。
今回はあのBB&R(ベリーブラザーズ&ラッド)との初コラボで、タイプの異なる2種のアイラモルトシングルカスクカスクストレングスでボトリングしました。
ラフロイグ1997は、バーボンバレルで18年熟成。昔ながらのフロアモルティングを継承している数少ない蒸溜所で、強烈なピート香を有し、チャールズ皇太子が愛飲するシングルモルトとしても知られ、イギリス王室御用達に認定されています。
香りは18年の熟成によって、強烈なピートも程よく落ち着き、バニラ、そしてメロンやバナナのフルーツが広がります。
味はバニラクリームのたっぷり詰まったバナナクレープ、ホワイトペッパー、ヴィンテージシガー。アフターに塩気の効いたピートスモークが長く続きます。
18年という中熟期に差しかかり、程よく円熟したピートとフルーティな味わいのハーモニーが楽しめるアイラモルトです。


洋酒ブログランキングはこちら