鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

ダルユーイン 1982 29年 信濃屋

DAILUAINE 1982 29yaerold for Shinanoya

1982年はダルユーインにとって自社モルティング最後のヴィンテージで、さらに1980年代では段違いのポテンシャルを秘めるビッグビンテージ!
ダルユーイン 1982 29年 信濃
DAILUAINE 1982 29yaerold for Shinanoya,
Bourbon Hogsheads, 60.6%,
Distilled 1982, Bottled 2012,
107本限定



鹿児島では知名度が全然ですが、鹿児島のウイスキーファンには是非知ってもらいたいダルユーイン。
年間279万リットルを誇りビックネーム蒸留所にも全く引けを取らないスペイサイドモルトの銘酒として高い評価を得ていますが、知名度が低いのはオーナーのディアジオ社がシングルモルト販売に全く力を入れていないとか・・・。
カーデュとともにブレンデッドウイスキー・ジョニウォーカーのメイン原酒で、ジョニ黒ではタリスカーと共に中核をなす2大メインモルトとして有名。
ジョニウォーカーが好きな方は、ダルユーインを嫌いなわけがありません。



前回紹介の“軽井沢1995 16年 信濃屋”と同時に発売されました。
この“ダルユーイン1982 信濃屋”も瞬く間に完売。
ダルユーインのスタンダードは、花と動物シリーズからリリースのシェリー樽熟成で、今回のダルユーイン1982 はバーボンHHDと全然違うタイプ。
花と動物シリーズは終売ですが、市場にも Bar BILBAO にもまだありますので、スタンダードのニュアンスを掴んでからハチニー・ダルユーインを試せば面白いですね。
まだ抜栓していません。
このダルユーイン1982は、30年近い熟成で60度オーバーと本来の姿を現すには時間が必要です。
鹿児島のウイスキーシーンが楽しくなりますように☆
by Bar BILBAO


洋酒ブログランキングはこちら