鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

The GLENLIVET 12yo PureMalt

The GLENLIVET 12yo Pure Single Malt

オールド&レアシリーズ第4段。
“グレンリベット 12年 ピュアモルト” 。
周知のこととは思いますが念のため。
現在のラベル表記は “Single Malt” とありますが、ひと世代前のラベルは “Pure Single Malt” と、頭に “Pure” が付いています。
このラベルは 80後半 〜 90年代前半ですが、このグレンリベットは “特級” 表記がありますので80年代ですね。
現在のラベルには無くなった、金と赤で描かれたスコットランド国花アザミが見事です。


ピュアモルト

ピュアモルトの解釈は、モルト100%ならピュアモルトと名乗れ、複数蒸留所のモルトがヴァッティングしてあってもピュアモルト
シングルモルトは単一蒸留所のモルトなので、ピュアモルトはより広義に使用されるとあります。
この説明を鵜呑みにするなら、このグレンリベットでは “ピュアシングルモルト” と表記してありますのでなんか妙です。
ピュアモルトという単語が生まれた理由として、一番の取引先であるアメリカではシングルモルトという単語には馴染みがなくピュアモルトの方が受け入れられやすい表現だったことから、ピュアモルトが使用されたという説もあるようです。
ウイスキー不況の蒸留所統廃合による、混沌とした世から生まれた言葉かもしれません。



このピュアモルト表記のさらにひと世代前のグレンリベットでは、 “Unblended all malt” とラベル表記されています。
次回のオールド&レアはグレンリベットのアンブレンテッドを紹介します。
by Bar BILBAO


洋酒ブログランキングはこちら