鹿児島モルトウイスキーラボ BarBILBAO

#鹿児島 #騎射場 ときどき #モルト割

ベリーニ - Bellini

白桃の季節、真っ盛りですね。
白桃の美味しい季節は、6月下旬〜9月中旬くらいでしょうか?
ピーチネクターとスパークリングワインがあれば、とても贅沢なカクテル“ベリーニ”です。
自宅で手っ取り早くベリーニを作るときは、不二家ネクターでも失敗なく美味しくできますが、機会があったら生の白桃で挑戦してみてはいかがでしょう?
生の白桃で作るベリーニはとても美味しく絶品です。



ベリーニを作るには、まず生の白桃でピーチネクターを作らねばなりません。
ピーチネクターの作り方として、白桃を高速ブレンダーで手っ取り早く粉砕すると、苦味が出てしまいます。
また、ジュースに多くの泡が混入しますので、スパークリングワインに加えると泡だらけになりあっという間に炭酸が抜けてしまいます。
内側がガサガサした器にビールを注ぐと泡だらけになるあれですね。
面倒ですが、生の白桃をペストルで地味に潰し裏漉しすると、果肉感も調整でき、美味しいピーチネクターができます。



そもそも、ネクターとはなんでしょう?
ネクターとはギリシャ神話で “神々の飲み物” という意味で、果実をすり潰して作られるソフトドリンク。
一般的な清涼飲料水とは異なり、非常に濃厚な味わいを持つ飲料を示します。
ネクターとはもともと森永製菓の商標だったらしいのですが、商標運営を日本果実協会に一任しました。
太っ腹!
日本果実協会では、ネクターと認め得る条件は『細かくすり潰したピューレ状果肉を一定量以上含む。』と定めています。

  • オレンジ(ミカン、ナツミカン)、和ナシで50%以上
  • イチゴ、カキ、アンズ、パパイア、マンゴー、キウイフルーツ、西洋ナシで40%以上
  • モモ、リンゴで30%以上
  • バナナ、ウメ、グアバで20%以上

で、肝心のスパークリングワインですが、ベリーニには本来“ プロセッコスプマンテ ”を使用するのが正しいのですが、Barビルバオではスペインの発泡酒 “ カヴァ ” もしくは “ アスティースプマンテ ” のハーフボトルを使用してコストを下げています。
カヴァは、シャンパンと同じくシャンパーニュ方式のビン内醗酵方式で造られ泡立ちもよく、リーズナブルな中では美味しいスパークリングワインだと思います。
Barビルバオには “ プロセッコスプマンテ ” も用意してあります。
1杯のベリーニのためにプロセッコスプマンテを使うよう注文すると、フルボトルのため高価なベリーニとなってしまいます。
Barビルバオに限らずプロセッコスプマンテを使ったベリーニを飲みたい場合、プロセッコスプマンテがある店に来店したときに、スパークリングワインを数名で注文するようにプロセッコスプマンテを注文し、『これを1杯ベリーニにできますか?』と従業員に尋ねてみてはいかがでしょう。
by Bar BILBAO